K-POPを揺るがした「永遠のオッパ」6組に注目 東方神起からBIGBANGまで…

 

東方神起からBIGBANGまで…K-POPを揺るがした「永遠のオッパ」6組に注目

1990年代、アイドル市場の幕を開けたH.O.TとSECHSKIES。そして最近ではWanna One、防弾少年団、EXOまで。アイドルの世界には、限りがない。このうち2000年代初め頃、より洗練された姿で新たに登場した東方神起、SS501、SUPER JUNIORなどを第2世代アイドルと呼ぶ。彼らは新人たちの憧れの対象で、ファンには永遠のお兄さんだ。デビューから10年が過ぎた今も第2世代アイドルは、依然として新人に負けない人気と魅力を誇り、代替できない姿で大ブレイクしている。

※この記事はメディアが独自に選出したコラム記事です。


フィジカルから実力まで、足りないところのない東方神起

第1世代アイドルが少なくなり、寂しくなってきた頃「一日だけ君の部屋のベッドになりたい」と歌い、少女ファンの心を掴んだ王子様たちが2003年に登場した。東側の神が起きたというものすごいグループ名でデビューした彼らは本名を使わず、2文字のニックネームと本名を結合して作った4文字の名前というユニークな活動名で彼らだけの世界を確立していった。

アカペラグループだと紹介されたが、ダンスや外貌、スラリとした長身まで非の打ち所のない彼らは一気にファンの心を掴み、至るところにパールレッド色の風船の波を作る事に成功した。各年末授賞式で大賞を受賞し、東方神起だけのための番組が作られることはもちろん、様々なパッケージで作られたアルバムとグッズも続々と登場した。韓国を超え世界中で認められた東方神起は、結局ファンクラブ「カシオペア」が世界で一番多いファンクラブ数を達成し、ギネスブックに掲載された。

当時、末っ子のチャンミンはわずか16歳だったが今は30歳を超えた“カッコいい”兄になっており、東方神起のリーダーで何でも熱心だったユンホは、今もファンから「僕はユンホだ」という呪文を唱えながら一生懸命に生きていけるように励ます兄になった。時間が流れ、年を重ね、今は誰かのロールモデルになっている彼らは、これまで培ってきた経験から得た老練さが加わり今もステージを圧倒する能力は変わらない。東方神起を追い越すグループは、これからもないのではないかと思われるほどだ。

続きは↓

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2106634

Source: ☆☆東方神起ブログ No.3☆☆

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。