GDA"制作期間2週間、定義・超越メッセージ」。 。防弾少年団、ヘテの舞台誕生期



防弾少年団がゴールデンディスク・アワーズで「レジェンド」として残る歴代級の舞台を披露した。

6日に開かれた33回ゴールデンディスク・アワーズで防弾少年団は「FAKE LOVE」、「IDOL」舞台装置を担当した。最初の曲「FAKE LOVE」に視線を圧倒した彼らはエンド公演「IDOL」でカリスマあふれるパフォーマンスで「この時代最高のアイドル」であることをもう一度証明した。

特に「IDOL」舞台に防弾少年団が乗って登場した長さ10m、広さ4m、高さ4mの巨大な懈怠上はファンの賛辞を引きずりおろして授賞式が終わった後もオンラインで熱い話題を集めている。重さだけで、約1.5トンが超える懈怠上にはメンバーがすべて馬乗りになっており、懈怠上は50mほどを移動して掛出し舞台まで前進した。ヘテを下りた防弾少年団は舞台全体を埋め尽くした100人の振り付けチーム と幻想的なパフォーマンスを披露し、レジェンドの舞台として記憶される歴代級の舞台を完成した。舞台の上の芸能人席に座った出演歌手たちも防弾少年団の舞台に驚きを禁じえなかった。


防弾少年団のヘテ舞台は製作期間だけ2週間かかった。この舞台を企画したJTBC放送美術チームユン・ジンヒ監督は「ヘッテを製作する期間だけで二週間だった。特殊発泡スチロールを彫刻した後、安全性を高めるため、取っ手などを設置し、防染処理までした。階段位置と高さも安全を考慮してデザインした。アーティストの安全を最優先に考慮して作った」と話した。

演出を担当したユ・ウォンサン監督も「舞台レールを敷いた後、電動でヘテが安全に突出の舞台まで出られるように数回にわたって修正補完作業をした。最大限ファンに近づき、呼吸できる舞台を作りながら同時に安全できるように努力した。最終的にすべての舞台が製作された後も、二日間、数十度にわたるシステムのリハーサルをし、安全点検をした」と明らかにし た。

今回の防弾少年団の舞台はスケールだけ高くて驚くべきことではなかった。意味のあるメッセージも描いた。定義と世代・時代・言語・国家・人種・宗教を超越する音楽の力とメッセージを表現した。懈怠は是非善悪を判断して、正義を象徴する想像の動物。防弾少年団がこれまで歩んできた行動で、制作陣が霊感を受けて企画したという。ユン監督は「どんな状況でも動揺せず正義のあるように前に進めながら、活発に音楽活動をしてきた防弾少年団の音楽的行動とヘテの意味が合うと思った。また音楽に慰めを与えてしっかりしたエネルギーを与え、ファンを守る防弾少年団の姿も懈怠上を思い出させた “、”全世界へ飛び出す防弾少年団の地位と行動を表現するため、ヘテに乗って掛出し舞台まで前進することを企画した「と説明した。


さらに、「公演場を貫通するプリズムや光を通じて、警戒と限界にも広がっていく音楽の無限の力を表現した。防弾少年団が言語や年齢、人種を超え、見せてくれた音楽的影響力と人気を光とプリズムなどを通じて視覚化した舞台「と付け加えた。

一方、33回ゴールデンディスク・アワーズでアイコンは、デジタル音源部門の対象、防弾少年団はアルバム部門大賞を受賞した。アイコンは、汎国民的な愛を受けたヒットソング」恋をした」でデビュー4年ぶりに初の大賞のトロフィーを持ち上げた。防弾少年団は、チョ・ソンモ3番目のアルバム以後、18年ぶりに出されたダブルミリオンセラーアルバム” LOVE YOURSELF結`Answer`」で大賞を2年連続大賞を受賞する快挙を成し遂げた。



Source: BTS☆大バク☆星から来たあの子*° テテ ちゃん보라해

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。