〔記事〕VIXX レオ キム・ソヒョンが語るキム・ジュンス・パク・ヒョンシク・レオ トッド

[エク’sインタビュー②] ‘エリザベート’キム・ソヒョンが明らかにしたキム・ジュンス・パク・ヒョンシク・レオ トッド3人衆

http://www.xportsnews.com/?ac=article_view&entry_id=1050848
記事入力2018.12.05 13:22 /記事修正2018.12.05 14:58

[エクスポツニュース] (インタビュー①に続き)劇的な生活を送ったエリー者ベットと致命的な魅力を持った死(トッド)の愛の物語. 実際の歴史の中人物とファンタジーの結合はミュージカル‘エリザベート’の魅力だ。エリザベートは窮屈な宮廷生活を苦しんで自由を渇望した。 死はそのようなエリザベートを絶えず誘惑する。 

3年ぶりに帰ってきた今回‘エリザベート’にはJYJキム・ジュンス、ビックス レオ(チョン・テグン),俳優パク・ヒョンシクが死(トッド)役にキャスティングされた。 5年ぶりにタイトルロール エリザベート役割を受け持って熱演中であるキム・ソヒョンは“皆魅力が違う”として微笑を浮かべた。 

“ジュンスさんはカリスマ、レオさんはセクシーだ、ヒョンシクさんは純粋ながらも致命的です。 ビジュアルであたえる感じも違って毎度新しい公演をする感じがして良いです。 俳優も自分だけの色があっても相手役で誰に会うかによりかなり違うでしょう。 他のエネルギーを受けて一日一日が新鮮で今日はまた、どんなエネルギーを受けるか期待感が生じます。

5年前には死(トッド)という存在をロマンティックに、男として表現したようです。 今回は違うと考えることになります。 皆本来ある人物なのに死(トッド)だけ歴史の中にないでしょう。 また他の私、私との戦いだと考えるので違うように解釈されましたよ。 死を引き受けた俳優がそんなに演技をしているので他のキャラクターのように感じられます。 新鮮で深い感性ができましたよ。 私との戦いを解かなければならない力が必要だがトッドの存在のおかげでたくさん表現されます。”

実際の夫である俳優ソン・ジュノとの呼吸も抜けられない。 フランツ、ヨーゼフ皇帝役を担ったソン・ジュノと舞台の上でも‘夫婦セーミ’を発散中だ。

“実際の夫婦として夫婦役割をするというのが難しいことなのに観客が舞台の上で幸せに見えると話して感謝します。 リアリティー芸能に出てきた姿を見て劇中で私たちに会えば没入がこわれることと考えました。 その間最大限会わなかったりわざわざ他の日にしました。 ところで‘明成(ミョンソン)皇后’時多くの方々がかえって没入してセーミが生きると良く言いましたよ。 放送を通じてみた方々がミュージカルに入門する時私たち夫婦の公演を見るのでそれだけにうれしいです。

‘エリザベート’は‘明成(ミョンソン)皇后’夫婦とはまた違います。 あれやこれやして後ほど背を向ける演技を没頭しようかと思ったがとても評が良くて感謝します。 実際の夫婦が夫婦役割を果たすというのは多くないことなのに二回もすることになりました。 一回一回が大切です。”

二人は互いに不足した部分を満たして頼ってシナジーを発揮する。 過去とは異なり、今はアドバイスを分けて一緒に成長しています。  

Source: VIXX to LOVE

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。