WANA・ONE「天使たちが泣いた夜・Melon Music Award181201」

ALL I wanna do!WannaOne!!

안녕하세요~クラッカークラッカークラッカー

2018.12/1。私はこの日をきっと忘れられないだろうと思う。うん、強くそう思う。

ブログに書くことも頭が整理しきれていない。時間を置いて、彼らの言葉を訳すことが辛くならない程度になったら書き始めよう…。大泣きした12/1。3日経って…昨日。やっと書く気になって書き始めました…。

4日前、Wanna Oneが大賞を含む、3冠を達成キラキラcrowncrowncrown2018年のMMAは大ニュースで幕を閉じた。

てっきり、バンタンが総なめだと覚悟していたのに…笑い泣き

私はこの日もYTで見てました。リアタイ出来て、ほくほくドキドキドキドキドキドキこの間の「AAA」みたいに固まったりしないでとても快適に視聴~爆  笑

どのアーティストのステージもカッコよくてドキドキ可愛くて、SEXYでバラまさにKPOファンの夢が詰まった授賞式の「MMA」です。ブルピンちゃんもパルガンも大好きなのでそちらのステージも期待ドキドキ

ミーハー気分で、ワクワクしながら見てましたが…。そんな私がこの後、大号泣することに…ガーン

いや、みんなワナブルはもらい泣きしたんじゃないでしょうか?

…取り合えずいつも通り、レカぺから順序よくてへぺろ振り返ってみたいと思います~音譜

しばしお付き合いください~。

〇レカぺ

意訳:ポンナル

ジソン「ご挨拶致します!2,3!ALL I wanna do!WannaOne!!アンニョンハセヨ~!Wanna Oneです!」

MC「わぁ~、スーツがとても素敵に着こなしてらっしゃいますね~。ステージの衣装も素敵ですが私が気になるのですね、Wanna Oneのメンバー中で一番のファッショニスタは誰なんでしょうか?」

ダニエル「はい、僕が思うにはメンバー各自、みんなスタイルが良くてみんながファッショニスタだと思います。」とダニエルが交わしているのになおも食い下がってWanna Oneのメンバーのオサレさんを探したいこのMCさん。と、デフィに

MC「デフィさん、なんで笑っているんですか?」

デフィ「突然、なにかおかしくて笑ったんですが…すみません。」そして自信満々にファッショニスタは自分全員恋の矢と言ってのけたてへぺろヨクシグッ

そして、実はこのMMAは今年の開催で10周年だったようですウシシ

MC「今日はMelon Music Awardが10周年だけに特別なステージを準備しているようですがヒントなど少し、下さいますか?」

ジソン「はい。僕たちが10周年を記念したパフォーマンスを準備しているんですが楽しみにして下さっていいと思います。とても、綺麗で感動的なステージを用意しています。」

MC「お祝いのコメントを1つお願いできますか?」

ジソン「はい。本当にこのような10周年を迎え本当に心からおめでとうございます。昨年に続いてWanna Oneを呼んで頂き心から感謝致します。これからもMelon Music Award が100周年、200周年といつも素敵なAwardになれば良いと思います。ありがとうございます。」

MC「お祝いコメントありがとうございました。Wanna Oneの方々の10年前はどんな姿なのか気になるところですが…ライグァンリンさんどこにいらっしゃいますか?」

ここでいきなりリンリンにふるMCさん(笑)リンリンの10年前なんて聞いてどうする?

やっぱり答えは…

「8歳ですね。一生懸命、小学校に通っていたと思います」との答え(笑)

そりゃそうだ(笑)

そして、授賞式。Wanna Oneは大賞を含む3冠カップカップカップを頂きました。

「今年のレコード賞」「男性ダンス賞」「TOP10」の3つです。ですが最初の登場は意外にもプレゼンテーターとしての登場でした。

この時にすでに、何かが違っていた気がします。その時、1年ぶりにMMAに立った彼ら。1年前はこれからの活動に希望を燃やし、これからの黄金期を迎える準備の真っ最中であった彼らと今の彼らの気持ちは大きく違うからなのでしょう。もう、2度と立てないかもしれないステージ。緊張した面持ちで進行していたジフンの目がいつもと少し違う光り方に見えたのは私の気のせいではない気がします。

そして、ジニョンがコメントした時。ジニョンも少し涙ぐんでいたように見えました。

考えすぎかもしれないけれど、いつもと違って見えた彼らでした。

そして、1年後ワナブルに感謝の気持ちを伝えたいと時間を貰ったメンバー。一人一人、ワナブルにコメントを言ってくれたので意訳します。

ジソン「はい、ご挨拶致します!2,3!ALL I wanna do!WannaOne!!アンニョンハセヨ~!

Wanna Oneです!昨年、この場所でWanna Oneが新人賞を頂いたんですが早、1年が過ぎて今日は授与者となりました。」

 

ジフン「はい。その時僕たちが各自が感想を言うことが出来なかったんですよね?その時出来なかった話が多かったので戻って、言わせてもらいましょうか?」

 

ソンウン「あ~、はい。とても遅くなったけど、僕らのワナブル!ありがとうございます。あ~、ワナブルのお陰でとても幸せでした。ありがとう~」

 

ジェニ「あ~、僕たちが昨年新人賞を頂いて今年もありがたいことに花道だけ歩いているようですがこれからもみんな一緒に花道だけ歩きましょう!」

 

デフィ「え~、昨年僕たちが新人賞を頂いただけでもものすごく嬉しかったのですが、10周年に当たるMMAに招待して頂き、本当にとても光栄だと思っています。」

 

ウジン「そして、僕たち11人の親々にも本当に感謝します。Wanna Oneメンバーもとても愛しています!ありがとうございます!」

 

ジソン「他のメンバーもコメントしていきますので少しだけお待ちください。」

そして、女性新人賞の後、出てきたオンニェルキラキラ

オン「え~、また僕たちの場です。メンバーが多いのでこのように2つに分けて進行しています。」

 

ニェル「メンバー達が昨年、話すことのできなかった話を(時を)戻って僕たちもできなかった話をしましょうか。では、グァンリンから」

ここまでが①です。

グァンリン「はい。あ~、昨年から今年まで本当に大きい愛を頂きました。僕、ライグァンリン、マンネとしてもっと一所懸命やっていきます!ありがとうございます」

 

ミニョン「はい。え~、昨年も僕たちこのステージで一生懸命歌を歌って踊りを踊ったんですが…はい…。今日の公演、たくさん期待していて下さい。いつもWanna Oneに貴重な時間、尊い心を向けて下さる方々にありがとうございます。という言葉をお伝えしたいです。」

 

ジニョン「…はい。…はい。今回、Wanna Oneのカッコよくて、良い姿で活動しますので、たくさんの愛ミルク入りだな

お願いします~」

 

オン「はい。このように僕たちすべて話したかった話が出来ました。え~、僕たちに話をするこのような長い時間を下さり、本当にとても感謝致します。では、早く進行します!ダニエルさん!」

 

ここまでです。

去年は女性新人賞はいなくてWanna Oneだけが新人賞を貰ったので最優秀新人賞キラキラと勝手に呼んでいました。そして。自分たちの番にドキドキ「男性ダンス賞」を受賞~クラッカークラッカークラッカー

その前に、ハウンちゃんというダンス天才少女がコピーダンスを披露して候補者を紹介してくれるんですが…すっかりこの少女の可愛さに魅了されるメンバー。ダニエル、ジソン、デフィ、ジニョン辺りが大喜びしております照れこのハウンちゃん、去年のメロンで見てすっかりびっくりしまして…。でも今年はもっと上手になっててびっくりびっくりそして…ハウンちゃんに見入ってしまって自分たちが呼ばれるとは全く思っていなかったメンバーのリアクションもカワイイ照れ

ウジン所感「僕たちがこのようにダンス部門で賞を頂くことになったんですがあ~、僕たちが頂いた賞の分だけ僕たちがこれから、よりカッコいい舞台パフォーマンスとダンスで皆さんにまた1度おたずねします。ありがとうございます。愛してます!ワナブル!!」

そして自分たちのステージが始まる前にまたも呼ばれます。

TOP10受賞カップ

オンちゃんの受賞所感です

オン「え~、このような価値ある賞を下さり、本当にとても感謝します。TOP10…TOP10という名前の中に入る事が出来ただけでも本当にとても光栄であり、とても感謝しています。今後、TOP10に本当にTOP10になれるように…TOP1になることが出来るように、もっと一所懸命ONEになれるように努力していきますす!ありがとうございます!ワナブル!愛してます~!!」

オンちゃんらしい、たたみかけて重ねる手法のギャグ(笑)

あ。ギャグじゃないか(笑)

下矢印そしてスペシャル☆ステージドキドキドキドキドキドキ俯瞰ですが全体が見えるカメラです。

キョジョが終わり、暗転してからナレーションが出るまで6:45~です。

下矢印TV放送Verです。こちらはキョジョが終わり、暗転してからナレーションが出るまで7:24~です。

ナレーション意訳

「2017年4月、桜が舞い散る日。

初めて会った僕たち。

怖れもあったけど

ときめいていた その瞬間

僕たちはWanna Oneになった

暑かった夏 僕たちの初めてのアルバム
忘れられない 初舞台
そして
ワナブルが 作ってくれた
初の1位まで

さらに 固い絆で結ばれ
共に泣いて笑った時間たちは
一瞬で過ぎて行った
僕たちが 一緒だった
春 夏 秋 冬
そして…
また 春

まだ 不安定な 青春だから
終わりじゃなく これからを
話すことが出来る 僕たち
そんな風に またj始まる
Wanna One 青春第2幕

 
そして、光が溢れ 客席のペンライトが星屑の様で…

 
ステージ上の メンバーがすっと立っていた…

「Destiny」(Intro)

 
今 この瞬間 
君と僕の 忘れられない Golden Age

 
ここで 僕たち 2人の 永遠が始まってるよ

 
僕たちだけが 大切にする 数多くの記憶

 
まるで 運命みたいに ここに立つ僕たち

 
You‘re my destiny   You‘re my destiny

 
君が照らしてくれた 僕の光が消えないように
誰より 温かかった僕たちお互いを

Remenber us   約束するよ

 
約束するよ 

 
そこからの流れで「ポンパラム」
下矢印ミニョン・ジッケム

下矢印ダニエル・ジッケム

下矢印そして最後に、ステージにメッセージがびっくりそこでまた号泣笑い泣き
「ワナブル 僕の運命 僕たちを忘れないで」
 
そして…いよいよ。その時は来ました…。授与者は俳優のコ・スさん~

 

意訳

コ・ス「発表します。2018、メロンミュージックアワード「今年のレコード賞」…

WANNA・ONE!!

会場中の悲鳴とも歓声ともつかない声の渦の中、信じられないという表情をしているダニエルや「今何って言った?」とすぐに立てないミニョン、すでに涙ぐんでるソンウン。それを見ているだけでも泣けてきて。

もう、私はこの時点で涙腺崩壊笑い泣きしてました。(実際はかなり前、ダンス賞辺りからダメでしたけど)

こんな時でも、ジソンはグループの挨拶をきちんとする。これは自分を落ち着かせるためでもあるんじゃないかと密かに思っている。

 

ALL「ご挨拶します!!2.3!!ALL I wanna do!WannaOne!!Wanna One!!アンニョンハセヨ!Wanna Oneです!!」

 

ジソン「はい…僕たちが「今年のレコード」という大きな賞をこのように受けることになって本当にメロンミュージックアワード10周年に招待して頂けただけでもありがたいのに、このような大きな賞を下さり、本当に心よりお礼申し上げます。僕たち、Wanna Oneは特別に国民プロデューサーの方々の手で生み出されたグループじゃないですか。それで…(涙を抑えている)こうして僕たちの夢を叶えてくれて…あ~、僕たちが夢をかなえられるようにして下さって、本当に心から感謝致します。僕たちWanna Oneの為に本当に多くのスタッフの方が尽力して下さっているのですが…本当に会社の家族(涙ぐむ)あ~、ヘアメイク、スタイリストチーム…そして僕たちWanna Oneの曲を作って下さった多くの作曲家、作詞家の方々、そしてミュージックビデオを撮って下さった監督方々、そして僕たちの振り付けを作って下さる振付師の兄たちにも心から感謝いていますし…今年、2018年もいくらも残っていないですが…年内の期限に…(涙でる)…残された時間をよく頑張って、僕たちWanna Oneに夢を見させてくれて本当に感謝していますし、僕たちに夢を見させてくれたワナブルの方々に、これからはWanna Oneがワナブルの夢なれるようにします。…ありがとうございます。」

 

オン「え~、Wanna Oneになる前は賞というものを貰ったことのない人でした。踊りを踊って歌を歌いながらしっかり出来ていないという話もたくさん聞こえてきて、なので一生懸命、一生懸命練習してきたんですがこのようなあ~、大きい舞台で賞を受ける誇らしい母の息子です、誇らしい家族です、誇らしいワナブルのWanna Oneになりました。え~このような貴重な賞を下さり、感謝するとともにあ~、これからもいつまでも長く誇らしい人たちになります。ワナブル、本当に愛してます。ありがとうございます。」

 

そして、いつも他のメンバーに譲るミニョンが意を決っしたようにつかつかとマイクに歩み寄った。

 

ミニョン「はい。え~、Wanna Oneにとってあまりにも大切で尊い、瞬間瞬間、1日1日を共に歩いて下さったワナブル、本当に本当にありがたいです。あ~、今まで本当に有難かったですし、(会場笑い泣き)今も有難いですし、これからもたくさん、有難いと思います。…本当にとてもありがとうございます、ワナブル。」

※ミニョンの言った言葉はカムバショーの最後に出てくる直筆のメッセージとほぼ同じです。

本当に心にずっとその思いがあるようですほろり

 

ウジン「この賞は本当に、絶対、僕たち11人きりのだけのものではないと思っています。本当に感謝すべき方々が限りなくいるんですが…(ここでソンウンの泣き顔が映る)お世話になった方が本当に多いので「本当にありがとうございます」という言葉を後で必ず伝えたいです。…誰よりも一番、感謝して愛しているワナブル。常に「君たちがいるから私達がいる」と言ってくれますが…それはワナブルの間違いです。…皆さんがいるから僕たちがいます。ワナブル、愛してます。」

 

ジニョン「え~、はい。ワナブル!!本当にこの賞はワナブルが作って下さった賞だと思います。本当にありがとうございます。そして、僕たちは常にワナブルによく見てもらおうと練習を一生懸命しているんですよ?知ってますよね?…本当にその努力をワナブルが実らせてくれたと思っていますので本当にありがとうございます。…今、本当に緊張していて何をしゃべってるのかよくわからないんですが(笑)

ホントにありがとうございます!愛してます!ワナブル!!」

 

グァンリン「はい、あ~『ごめん ごめん いつも貰ってばかりみたいで』この歌詞は見事に…僕たちの気持ちです。なので、あまりにもありがたいです。愛してます。」

 

デフィ「え~とこんばんわ~!まず、このような大きな賞を下さり、本当にとても感謝しています。

…僕たちを一人一人選んで下さった最高の制作者は皆さんです。(拍手)ありがとうございます。

これからもがんばります!」

 

ジェファン「え~、ワナブルの皆さん!いつも僕たちWanna Onen前に立ってくれて成長する姿、努力する姿を見守って下さって、本当に幸せですし、感謝しています。このような素敵なアーティストの方々の前でステージに立てるという事がとても幸せだと思っていますし、そしてとても感動しています。これからも成長する姿、努力する姿でファンの皆さんにご恩返しをしていきます!

皆さん!愛してます~!!」

 

そして、てっきり11人挨拶させてくれるのかと思っていたのに…。ダニエルが自分の番とマイクに行こうとしたら…音楽なっちゃって…涙、一瞬引っ込んだ(笑)

ずっとこのコメント訳しながら、泣いてます。泣かなくなったからこの記事書けると思いましたが…やっぱり、ダメでした…笑い泣き笑い泣き笑い泣き

でも、プデュから考えたら色んな日々が走馬灯のように駆け巡り、特にオンちゃんコメントとオンちゃん表情にやられました。ジソンも今まで大変だったでしょう。リーダーとして…。そん事を考え始めたらきりがなくて…。そして、下の動画はダニエル、ジフンフォーカスですが、嬉し泣きの表情が私の心をぎゅーっと。

ミニョンも涙いっぱい貯めてました笑い泣きそんな彼らが愛しかったです…。

下矢印ジフンフォーカス

 

 

 


 

 

 

 

 
サジンはまだまだありますが、文字制限のためここまでです。いつか必ずどこかに載せます~
長々とここまで読んで下さった皆さんありがとうございます。

Source: WANNA ONEのお家

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。