東方神起の「紅白歌合戦」への参加が霧散したと報道…

日本、「防弾パンチ」続いて「嫌韓デモ」まで?

東京ドームツアー完売に相次ぐ攻撃
  17・18日のイベント「嫌韓集会」の懸念

 
グループ防弾少年団の日本のTV番組出演が次々キャンセルされ、国内歌謡界でも神経を尖らせている。 日本での活動を計画したもう一つのK-POP歌手に少なくない影響が与えることがあるという懸念だ。

国内政界はもちろんCNNなど主要外信たちも日本の番組の防弾少年団の出演キャンセルの決定を置いて批判の声を出しながら、日韓両国の熱い「争点」に浮上した。 さらに、このようなニュースが知られている過去の週末、東京都心で「嫌韓」(嫌韓)の集会まで起きて緊張と懸念の声はさらに高まっている。 このような中、国内歌謡界では、今回の事態が、日本では最近形成された「第3次韓流」に与える影響を注視している。

 世界的なグループに急浮上した防弾少年団と各種記録を更新中のトワイスなどは、日本でしばらくオフれた韓流火種をドゥェサルリミョ3次韓流を牽引している。 ため、最近、日本国内の状況は防弾少年団、トワイスの今後の活動だけでなく、現地進出を目標に活動計画を立てたもう一つのK-POPの歌手たちも非常に敏感に作用している。

これまで日本国内の韓流は、独島問題や歴史教科書など、政治・外交的な葛藤に応じて大きく揺れリョトドンだし、今回の事態が、韓流ブームに及ぼす悪影響の懸念提起は当然の手順だ。 実際に防弾少年団が13日から予定されて東京ドーム公演のために11日、羽田空港に到着したというニュースが伝えられると、SNSを中心に「不快だ」「今すぐ出国しろ」などという右翼の攻撃が激しく起こった。

防弾少年団のドームツアーは、一度入場券前売りが行われたのは、もちろん、すべての公演が売り切れたほど進んでは大きく支障がないように見える。 ただし、会場周辺や、17日と18日に予定さファンとの「握手会」でもしかしたら「嫌韓」集会が行われる可能性を無視することができない雰囲気だ。

トワイスも厄介な状況に置かれた。 トワイスは昨年K-POP歌手を代表してNHK「紅白歌合戦」に出演した。  K-POP歌手がこの番組に出演するのは、6年ぶりだった。 今年も出演を予定したが、現在では実現の可能性が不透明である。 すでに現地メディアは、今年の出演者嘱望された防弾少年団とトワイス、東方神起の「紅白歌合戦」への参加が霧散したと報道している。

http://sports.donga.com/3/all/20181112/92843438/3

Source: ☆☆東方神起ブログ No.3☆☆

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。