BURN THE STAGE EP8 ひとりじゃできない ①

僕は元々
1人でいるのが好きで

自分のエリアに人が入ってくるのが

あまり好きじゃない

ある意味

赤の他人と暮らす

ようなものだから

……

軍隊みたいに


最初は苦労しました

7人全員性格が違うし

それは誰のせいでもないし

しょうがない

人って皆違いますから

自分の時間や場所がないから

きつかったけど

そのうち慣れてきました

……

방탄소년단が始まって

7人全員が大事になったから

今は
200%300%
理解し合えるし

みんな楽になりました




練習生の時は
よくぶつかりました
収拾がつかなくなるときも
いっぱいあったし

あんなに激しく怒ったのは
ㅎㅎ
初めてでした
うれしい時
感動する時
悲しい時
いろんな感情を
みんなと共有したら
心の距離が縮まって

恥をかいても耐えるしかなくて
……
学び合うことによって
自分を律することができます
本当に頼りになる
兄さん達です
本当に。

かけがえのない
存在になりました
メンバーはもう
僕の全てだから
僕のそばで力になってくれるし
力になってほしいと思います

幼い頃は父を尊敬して
父とおなじ
会社員になりたかったけど
あるドラマを見てから
俳優を目指すようになった
ビックヒットに
キャスティングされて
夢は歌手に変わりました
特別な逸話はないけれど
可能性があったから
期待されたと思う
二十歳で練習生になるまでは
歌には興味ゼロで
歌は苦手でした
20か21の頃
歌に打ち込み始めました
天才歌手ではないけど
一生懸命練習して
少しずつ上達する姿を
見せようと努力しています
1位になることも
ドームに立つことも
素晴らしいけれど
素晴らしいメンバーと
一緒に
長い時間音楽と公演をするのが
僕の夢です
どんどん成長してみせます

二つに一つですね
成長が速いか 遅いか
時間をかけて成長する人も
目まぐるしく成長する人もいる
おそらく今は
成長と変化の時だと思います
メキシコ公演

ジミンちゃんは
急な首の痛みでステージを
どうするのか話し合う

怪我をしているなら
しかたないけど
ただの筋肉痛だから

SUGA
今無理して悪化させるより
まだ多くの公演を控えてるから

僕も気持ちがわかるから
言うんだけど……


JIN 
今は休んで治すべきだよ

みんなの気持ちも
JIMINの気持ちもわかるから

でも休まないダメです

僕も3週間苦労したので

20曲もやればかなり

悪化してしまうから




RM 気休めを言っても仕方ない


SUGA それは僕らもわかってるから……
あんまり言うなよ…ってニュアンス

こんな時ナムさんは
必死さあまって
言葉がストレートになる
それはジミンちゃんの事を
思ってのことなんだけどね
いつもユンギさんは
やんわり言い換えてくれる
モノグラム②
とにかく頑張ろう
最終日だ

出られないのは本当にくやしいけど
一人欠けると
パフォーマンスが崩れるし 
そのせいでファンが楽しめないし

みんなで全力を注いできた
ツアーなのに

またいつ会えるかわからないから

かなり悔しかったです


ごめんねって言った
ジミンちゃんに会場は

ケンチャナコールを送った

私達は知ってるよ

いつだってそれが

最善だってこと

あなた達が決めた事だもの

手抜きや、

いい加減な気持ちじゃなくて


それが最善

その時の100%だってこと



『Two three』

はじめてファンソングで

全員のお気に入りの曲です

ARMYを見ると

みんな一緒に歌ってくれて

泣いてる子までいて

感動しました

ステージで歌うたびに

気持ちがこみあがります


癒される場所だと思います

治癒される感じ

―JUNGKOOK―


言葉にしにくいけど
『Two three』の曲が終わっても

ファンは歌うのを止めないです

僕達のために歌ってくれて

―JIMIN―

外国語だから

覚えるまで何度も何度も

聴いてくれたんだろう

感動します

―JIN―


ARMYは
感動をくれる存在です

―V―

この曲は何年たっても

忘れることはないです

―JHOPE―




アミ達から

自然発生する

サプライズを

どんな風に受け止めて

感じてるのか

ちゃんと届いてる

それが本当に嬉しいね










Source: BTS☆大バク☆星から来たあの子*° テテ ちゃん보라해

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。